専業主婦 カードローン 申込

1. 銀行カードローンの主な申込方法

消費者金融と比べると、銀行は敷居が高いという人もいるのではないでしょうか。
多くの専業主婦の人が今まで銀行で融資を受けたことがなく、銀行で融資を受けるのは抵抗があるという人もいます。
しかし、住宅ローンや自動車ローンのように高額でもないことから、専業主婦でも申し込みがしやすいように工夫がされています。
申し込み方法は、消費者金融と変わらない方法が用意されています。
種類として、窓口からの申し込みのほかに、インターネットや電話、郵送やテレビ窓口などがあり、色々な申し込み方法があります。
ここでは、それぞれの申し込み方法や申し込み手順を紹介します。

 

 

1-1. 窓口での申込

初めて銀行カードローンを利用するという人に、最適と考えられるのが窓口からの申し込みです。
この窓口からの申し込みが最適と考えられる理由が、その場でわからないことが聞けるという点です。
初めて利用する際には何かとわからないことも多くあります。
わからないまま申し込むことにより不備があれば審査が長引くことさえあります。
また、不安を抱えながら申し込みをして審査を待つよりも、万全な状態で審査を待つ方が楽ではないでしょうか。
専業主婦ということで、本当に申し込めるのかと思う人もいるかもしれませんが、専業主婦でも利用できると明記している銀行なら、丁寧に説明をしてくれます。

 

 

1-2. インターネットでの申込

普段パソコンやスマートフォンを利用するという人に最適な申し込み方法が、インターネットを利用する方法です。
この方法なら、自宅に居ながら短時間での融資も可能となっています。
銀行では普通口座を開設していることが条件になっている場合もありますが、利用を考えている銀行の口座を持っている人なら、インターネットを利用して即日融資も可能といった銀行もあります。
即日融資は消費者金融でしか受けられないと思っている人も多いのではないでしょうか。
消費者金融での特徴でもある即日融資ですが、最近では銀行でも対応しているところもあり、すぐにお金が必要という場合にはインターネットでの申し込みはとても便利です。

 

 

1-3. 電話での申込

銀行カードローンの申し込みは電話でもすることが出来ます。
パソコンやスマートフォンなどの操作は苦手という人も多くいますし、窓口まで出向くのは面倒という人もいるのではないでしょうか。
そんな人に最適なのが電話での申し込みです。
この電話での申し込みなら、聞かれたことに答えるだけで申し込みを済ませることが出来ます。
この申し込み方法なら、外出する必要もなく、面倒な機械操作もありません。
電話で必要事項を伝えれば、そのまま審査をしてくれます。
自宅で気軽に申し込みを済ませたい、パソコンを持っていない、機械操作は苦手という人には最適な申し込み方法となっています。

 

 

1-4. 郵送での申込

融資までの時間が必要になりますが、自分のペースで申し込みが出来るのが郵送です。
申し込みに必要な書類などは、銀行の窓口やATMの隣などに備え付けられています。
この申込書に自宅で記入して、後は郵送すれば申し込みを済ませることが出来ます。
郵送では、申込書が銀行に届いてからの審査となるので、他の申し込み方法と比べれば、審査結果が出るまでに多少の時間がかかるのがデメリットとなります。
しかし、面倒な機械操作も必要ありませんし、銀行スタッフと話す必要もないので、人に気をつかうことなく空いた時間を利用して申し込みを済ませることが出来ます。

 

 

1-5. テレビ窓口での申込

すぐにでもお金が必要という人に最適な申し込み方法がテレビ窓口です。
このテレビ窓口とは、消費者金融でよく利用されている無人契約機のようなもので、審査に通ればその場でカードを発行してもらえることから、テレビ窓口を利用できる銀行では即日カード発行が可能となります。
出来るだけ早くカードを受け取りたいという人も多いのではないでしょうか。
ローンカードを受け取れば、自分の好きなときにATMを利用して借り入れをすることが出来ます。
テレビ窓口では、その場所まで出向く必要がありますが、短時間の融資が可能なのがメリットとなっています。

2. 専業主婦に人気のインターネットでの申込

色々な申し込み方法がありますが、その中でも専業主婦の人に人気のある申し込み方法がインターネットです。
専業主婦の場合には、自宅で過ごす時間が多く、パソコンなどを利用した申し込み方法が利用しやすいのではないでしょうか。
パソコン操作に慣れている人なら、短時間で外出することもなく、申し込みを済ませることが出来ます。
また、インターネットからの申し込みによって即日振り込みも可能です。
大病を患い、急に手術が必要となればまとまったお金が必要になりますし、交通事故で大きな怪我をすることもあるかもしれません。
こんな時に貯金などがあればすぐに対応できるのですが、貯金がないという人は、インターネットをうまく利用してお金を用立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

2-1. インターネットでの申込手順

インターネットの申し込みは便利と聞いても、実際どのような流れになるのかが気になるという人も多いのではないでしょうか。
初めて利用する際には、ちょっとしたことでも不安を感じるものです。
ここでは、よく利用されているインターネットでの基本的な申し込み手順を紹介したいと思います。
銀行によっては、本人確認書類をスマートフォンのアプリなどを利用して提出できるところもあります。
しかし、この方法は、しっかりと本人確認書類の画像を撮影をして送る必要があり、慣れている人でもうまく送信できないという声も多くあります。
ここでは、誰でも利用できる郵送で本人確認書類を提出をする流れで説明していきたいと思います。

 

 

2-2. 銀行のホームページから申込フォームを入力・送信

インターネットの申し込みでは、必要事項は申込フォームから入力をします。
目的の銀行のホームページには、カードローンの申し込みページが用意されています。
そのページに行くと、まず個人情報の取扱いに関する同意書などの同意を求められ、そのないように同意をすると入力画面に行くことが出来ます。
入力画面では、氏名や生年月日、性別や連絡先、保険の種類、勤め先などを入力するように求められます。
すべての入力が終わり、送信をすれば申し込みは終了です。
パソコン操作が慣れていない人にとっては難しいと感じるかもしれませんが、入力しやすいように作られているので、意外に簡単だと感じるかもしれません。

 

 

2-3. 申込内容の確認の電話

インターネットで申し込み事項を入力し、送信をするとすぐに申込内容の電話確認の連絡が入ります。
この確認では、申し込みをしたことに間違いないのかの確認です。
申し込みをして、銀行から連絡があれば、もう審査が終わったのかと思ってしまう人もいるようですが、この連絡では、申し込みないように間違いがないかの確認です。
申し込みないように不備があったり、銀行で確認する必要がある内容は、この時に確認されることになります。
審査では、この申込書のないようによって審査を受けることになるので、もし入力間違いなどがある場合には、このタイミングで訂正しておくことも大切です。

 

 

2-4. 保証会社による審査

申し込み内容の確認の連絡が終われば、保証会社による審査を受けることになります。
通常、銀行が直接審査をするのではなく、保証会社によって審査をされることになります。
この審査では、申し込み内容の確認のために、信用情報機関の記録を確認されることになります。
信用情報機関とは、過去に金融機関を利用した人の記録が保存されています。
そのため、結婚する前の旧姓でこの情報を確認することにより、結婚前の情報も確認できることになります。
過去に、延滞や債務整理などをした人の情報も記録されているので、このような金融事故を起こした人の場合は、審査に通るのは難しいと考えておくことが必要です。

 

 

2-5. メールや電話による審果の通知

審査結果は、申し込みの際に入力した、メールアドレスや電話番号に連絡が入ることになります。
この連絡が入るまでの時間は銀行によって違います。
銀行を選ぶ時には、この審査時間もサイトなどで確認しておくことをおすすめします。
専業主婦は多くの仕事があり、審査結果が気になり、やるべき仕事が手につかないということも起こってしまいます。
まず、申し込みをする銀行がどの程度の審査時間が必要になるのかを知っておけば、審査結果を待つまでの時間も少しは気楽に待つことが出来ます。
少しでも早く審査結果を知りたいと考えている人は、審査スピードの早い銀行を選ぶことが大切です。

 

 

2-6. 契約書類の郵送

審査に通れば、銀行から契約書類が送られてきます。
この契約書にサインをして、銀行に契約書が届けば手続きが完了することになります。
即日振り込みの場合には、審査に通ればメールが送られてきて、そのメールのないように同意をすることで、必要なお金が振り込まれることになります。
ただ、この場合でも契約書は後日郵送されることになり、その契約書にサインをして返送する必要があります。
郵送では、このやり取りがあるため、どうしてもカードが届くまでに時間がかかります。
窓口や自動契約機などを利用して契約を済ませれば、短時間でのカード受取も可能です。

 

 

2-7. 本人確認できる書類を同封し返送

契約書を返送するときには、必ず本人確認書類など、提出する必要がある書類を同封することを忘れてはいけません。
この書類を同封することを忘れてしまうと、手続きを完了することが出来ず、カードの発送も遅れることにもなります。
どんなに審査スピードが早い銀行でも、書類が整っていないのであれば、融資までの時間はかかってしまいます。
自分のミスによって融資までの時間が延びないように、申し込みをするときにはすぐに提出が出来るように事前の準備が大切です。
あらかじめ準備をしておけば忘れる心配もなく、短時間での融資も可能となります。

 

 

2-8. カードローン口座開設・カードの郵送

銀行に契約書と必要な書類が届けば、カードローン口座開設をしてもらえ、すぐにカードも発送されることになります。
カードが届けば、ATMを利用してお金を借りられることになります。
カードローンは、利用限度額内で自由にお金を借りられ、とても便利な存在なのですが、使い過ぎには注意が必要です。
銀行の金利は消費者金融と比べれば明らかに低い設定となっているのですが、住宅ローンや自動車ローンと比べれば、とても高い金利となっています。
収入のない専業主婦では、借りすぎてしまえばすぐに返済できないような状態になってしまいます。
このような状態にならないためにも計画的な利用が大切です。