専業主婦 カードローン 審査

1. 大手消費者金融は「本人に収入がない方」の申込を断る

すぐにお金が必要なときや、すぐにお金が必要でなくても、お金が必要になることが分かっている場合には、出来るだけ早くお金を用意したいと考えます。
この時に、大手消費者金融を利用したいと思う人も多いのではないでしょうか。
大手消費者金融なら、どこでも即日融資をしていますし、全国に自動契約機もあり、申し込みもしやすいといったメリットがあります。
しかし、大手消費者金融に専業主婦が申し込んでも、まず断られます。
大手消費者金融は、申し込み者本人に安定した収入のない人には融資はしていません。
専業主婦が消費者金融で融資を受けるためには、配偶者貸付をしている、中小消費者金融に申し込みをする必要があります。

2. 専業主婦がカードローンを利用するには?

大手消費者金融で利用できないのなら、どこの消費者金融でも専業主婦は融資が受けられないのではないかと思ってしまいますが、中小消費者金融なら、配偶者貸付が利用できるところもあります。
中小消費者金融と聞くと、利用しても大丈夫なのかと不安を感じる人もいるかもしれませんが、中小消費者金融でも優良な企業は多くあり、大手消費者金融よりも利用しやすいと感じている人も多くいます。
専業主婦は収入がないことから、カードローンを利用するためには配偶者貸付が利用できることが条件となります。
しかし、大手消費者金融ではこの配偶者貸付を採用していないこともあり、消費者金融での利用となると中小消費者金融からの借り入れとなります。

 

 

2-1. 夫婦の年収を合算できる!配偶者貸付

消費者金融と銀行と比べると金利差があり、消費者金融を利用するメリットはあまりないような感じもしますが、消費者金融を利用することでのメリットに、夫婦の年収を合算できるという点が挙げられます。
消費者金融で利用できる配偶者貸付では、夫婦の年収を合算して、その年収の3分の1まで融資が可能となっています。
年収のない専業主婦の場合では、夫の年収の3分の1まで融資が受けられることになります。
銀行での配偶者貸付では、あらかじめ最大限度額を30万円や50万円までと決められていて、それ以上の借り入れは出来ません。
しかし、消費者金融の配偶者貸付では、夫の年収次第では多くの借り入れも可能です。

 

 

2-2. 配偶者貸付の利用条件と必要書類

急な出費によって、多くのお金が必要になった場合、消費者金融の配偶者貸付を利用することにより、夫の年収次第では多くの借り入れが可能となり、とても頼もしい存在なのですが、必要となる書類が銀行よりも多く必要となります。
消費者金融の配偶者貸付では、まず配偶者の同意を得ることが利用条件となっていて、夫に内緒で借り入れをすることは出来ません。
この配偶者貸付を利用するためには、配偶者との婚姻関係を示す書類や配偶者の同意書、配偶者の収入証明書と、この3つの書類の提出が必要となります。
この3つの書類を提出することが、消費者金融での配偶者貸付を利用する上での条件となっています。

 

 

2-3. 配偶者貸付をおこなっている業者とは?

大手消費者金融では、配偶者貸付を利用することが出来ないのですが、中小消費者金融である、レディースフタバやベルーナノーティスでは配偶者貸付を利用してカードローンを利用することが出来ます。
レディースフタバと言われても、全く聞いたことがないという人も多いと思いますが、専業主婦でも利用できる消費者金融として知られている金融会社です。
ベルーナノーティスは、大手通販サイトであるベルーナグループということもあり、安心して利用することが出来ます。
数は少ないのですが、これらの金融会社のように、専業主婦でも利用できる消費者金融はあります。

3. 夫に安定収入があるなら「銀行ローン」

消費者金融でも、配偶者貸付を利用してカードローンが利用できるのですが、利用できる金融会社が少ないことや、用意する書類が多いというデメリットがあります。
銀行なら、本人確認書類だけでも融資が可能なところもあり、知名度のある銀行が利用でき、安心感や利用しやすさを重要視するのなら銀行の利用がおすすめです。
銀行では、夫に安定した収入があれば、消費者金融よりも利用しやすいと考えられます。
銀行では融資額が限定的ですが、この利用できる限度額が限定的であることで審査にも通りやすいとも言えます。
急な出費でお金が必要という時には、まず銀行の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

3-1. 銀行のローンは総量規制の対象外

消費者金融の配偶者貸付では、3種類の書類を提出する必要がありました。
しかし、銀行でのカードローンでは、専業主婦であっても本人確認書類だけの提出で利用できるといった銀行もあります。
どうして銀行ではこんなに必要となる書類が少ないのかと思う人もいるかもしれませんが、この理由が総量規制の対象外ということが挙げられます。
消費者金融の配偶者貸付は、総量規制の例外として認められているもので、この配偶者貸付を利用するためには、3種類の書類を提出する必要がありました。
しかし、銀行はこの総量規制の対象外ということで、このような書類を提出する必要はありません。

 

 

3-2. 配偶者である夫に安定した収入があることが前提条件

銀行では専業主婦でも利用できるカードローンがあるのですが、このカードローンを利用するためには、配偶者である夫に安定した収入があることが前提条件となります。
なぜ、収入のない専業主婦でも融資が受けられるのかというと、夫に安定した収入があるからです。
夫に安定した収入がないのであれば、どこの金融機関も融資をしてくれません。
この配偶者に安定した収入があることで融資をすることを配偶者貸付といいます。
この配偶者貸付を利用できるので、収入がなくても専業主婦ならカードローンが利用できます。
配偶者の安定した収入が前提条件となっていますが、銀行では配偶者の同意書がなくてもカードローンの利用が出来ます。

4. 審査で不利になる条件とは?

カードローンを利用するときに心配になるのが、審査に本当に通るのかという点ではないでしょうか。
すぐにでもお金が必要という時には確実に審査に通りたいものです。
この審査で不利になる条件はいくつかあります。
これは、消費者金融でも銀行でも同じです。
審査に不利になるような条件が揃っていると、どうしても審査に通るのは難しい状態と考えられます。
逆に考えれば、この不利になる条件さえなければ、審査に通る可能性は高いとも考えることが出来ます。
まずは、自分の今の状況が審査に通りやすい状況なのかを確認してみましょう。
不利になるような状況や、不利になることをしなければ安心して審査結果を待つことが出来ます。

 

 

4-1. 申込書や必要書類の不備

審査に不利になる条件としてまず挙げられるのが申込書や必要書類の不備です。
申込書には正確な情報を記入する必要があります。
しかし、この申込書に間違った情報を記入してしまうと、それだけで審査に不利になる可能性があります。
金融機関では、申し込み者の信用度が重要になります。
申込書に間違った情報を記入してしまうと、本当に信用できる人なのかと金融機関に不信感を与えることにもなります。
また、必要書類の提出が出来ていないことにより、審査時間が延びる可能性もあります。
本人確認書類や収入証明書でも認められない書類もあるので、どのような書類が認められるのかの確認も重要です。

 

 

4-2. 同日に別のカードローンを申込む

よくある審査に不利になる条件が、同日に別の金融機関のカードローンに申し込むということが挙げられます。
どうしてもお金が必要になる場合には、複数の金融機関に申し込みをしたいと思う気持ちもわかります。
しかし、このような行動をとる人は金融機関に要注意人物と判断される可能性があります。
複数の金融機関に申し込みをして、全ての金融機関の審査に通ってしまうと、その人は大きな借金を抱える可能性がある人です。
そのため、信用情報機関を利用して、別のカードローンに申し込んでいることがわかれば、それだけで審査に落とされる可能性さえあります。

 

 

4-3. 過去にクレジットカード、公共料金の支払いを滞納したことがある

金融機関にとっては、確実に返済できる人なのかが重要なポイントとなります。
そのため、過去にクレジットカードや公共料金の支払いを滞納したことがある場合には、審査に通るのは難しいと考えておく必要があります。
延滞などは、誰でも一度や二度は経験があるのではないでしょうか。
この程度なら、特に問題ないと考えられますが、頻繁に延滞をしていたり、数カ月にもわたる延滞では、審査はかなり厳しいものとなってしまいます。
金融機関の利用実績は、信用情報機関ですぐに確認をすることが出来ます。
そのため、金融機関での利用では、信用を落とさない利用を心掛けることが重要です。