専業主婦 カードローン 限度額

1. 借入限度額はどうして決まるの?

仕事をしていない専業主婦が銀行でお金を借りる場合には、各銀行によって最大借入限度額は30万円まで、50万円までと少額の限度額に決められています。
ただ、この30円や50万円までの限度額が誰でも設定されるというわけではありません。
夫に安定した収入があり、今まで金融機関からお金を借りたことがなく、延滞などをしたことがないといった人でも、限度額は10万円といった人もいます。
この限度額はどのように決まるのかと疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。
銀行では、その人の返済能力やは信用度をしっかりと審査したうえでこの限度額を決めます。

 

 

1-1. 無職の専業主婦の場合

利用限度額は出来るだけ多く設定してもらいたいと誰でも思うのではないでしょうか。
利用限度額が多ければ、それだけ様々な緊急時に対応することが出来ます。
しかし、無職の専業主婦の場合には、まず夫の年収をもとに利用限度額が決められることになります。
夫の年収が多ければそれだけ高い限度額に設定してもらえる可能性は高くなります。
しかし、ほとんどの人が、初めての利用といった場合には10万円程度の限度額になると考えておく必要があります。
その理由は信用が低いからです。
利用実績がないという人の場合には、本当に確実な返済が出来るかどうかの判断が出来ないため、どうしても低い限度額に設定されることになります。
ただ、利用実績さえ積み重ねれば増額することも可能です。

2. 専業主婦が借りれる銀行カードローンの借入限度額一覧

お金を借りようと考えた時に、どこの銀行がどの程度の借入限度額に設定しているのか気になるのではないでしょうか。
申込者本人に収入があるといった場合には500万円や1,000万円までといった、高い借入限度額が設定される可能性があるのですが、専業主婦の場合には、かなり低い限度額に設定されます。
はっきりと借入限度額を明記しているところでは、東京三菱UFJ銀行のバンクイックでは30万円まで、みずほ銀行カードローンのわたし応援ローンMyWingでは30万円、イオン銀行カードローンBIGなら50万円、じぶん銀行カードローンで30万円、楽天銀行スーパーローンなら50万円、セブン銀行カードローンで50万円までとなっています。

 

 

2-1. おおむね30万円〜50万円に設定されている

この一覧を見てもわかるように、30万円〜50万円といった限度額に設定されていることがわかります。
どこの銀行でも30〜50万円までが専業主婦が利用できる限度額と考えておけば間違いありません。
そのため、銀行カードローンを利用すれば、この限度額内の緊急時は何とか対応できるとこになります。
ただ、誰でもこの限度額が設定されるわけではないということは、しっかりと理解をしておく必要があります。
50万円急に必要になったからといって、50万円が限度額のカードローンに申し込みをすれば、誰でも50万円が借りられるわけではありません。

3. 最高限度額まで借りられる?

銀行のカードローンを見ると、それぞれの銀行によって、500万円まで融資が可能といった銀行もありますし、中には1,000万円まで融資が可能といったところもあります。
しかし、専業主婦の場合には30〜50万円までが限度額であり、どんなに信用高めたとしても、この限度額以上は借りられないと考えておく必要があります。
各銀行での30〜50万円が専業主婦に融資が出来る最高限度額ということです。
仕事をしている主婦の場合はこの限りではありませんが、無職の専業主婦ではこれ以上の借り入れは出来ません。
また、最高限度額はあくまでも上限であり、通常はここまでの借り入れは出来ないと考えておくことも大切です。

 

 

3-1. 最初から最高限度額を借りることはできない

銀行での借り入れでは30〜50万円が限度額となるのですが、この限度額が最初から設定されることはないと考えておく必要があります。
とくに、今まで金融機関を利用してお金を借りたことがないという人は、10万円程度の利用限度額になると考えておく必要があります。
銀行で重要視するポイントに、利用実績があります。
過去に、カードローンを利用して確実に返済をしているといった利用実績があるのなら高い限度額に設定をしてくれます。
大切なのは、銀行にとってメリットあのる利用者と思ってもらうことです。
メリットがある利用者とは、借りたお金を延滞することなく、確実に返済できる人です。

4. 専業主婦であっても増額が可能

カードローンに申し込みをして、10万円の利用限度額しかもらえなかったという人は、少なすぎると感じる人が多いようです。
しかし、この利用限度額はあくまでも、今の自分の信用がそれだけととらえる必要があります。
銀行としても、利益を出すためには多くのお金を貸したいと思っています。
しかし、信用が出来ない人に多くのお金を貸して、返済してもらえないようなら経営が成り立ちません。
カードローンが利用できるようになれば、銀行に信用を与えることが出来るチャンスととらえて、確実に信用を積み重ねれば、増額申請をして最大限度額まで引き上げてもらえる可能性もあります。

 

 

4-1. 限度額増額はどうすればいいの?

カードローンの利用限度額はその人の信用によって違ってきます。
カードローンをうまく利用しているという人の場合には、信用が増していき、増額申請をすることで利用限度額を増やすことが出来ます。
この増額申請は、銀行の会員ページにログインすることで申請をすることが出来ます。
この増額では、銀行によっては専業主婦の限度額を30万円に設定しているところでも、増額申請をすることにより、この限度額以上まで増やしてくれる銀行もあります。
初めに設定された利用限度額が少ないからとがっかりをするのではなく、これからしっかりと銀行から信用を得ることが出来れば、大きなお金も貸してもらえると考えるべきです。

 

 

4-2. まずは取引実績を積む

銀行の信用を高める方法としては、まずは取引実績を積むことです。
少なくとも半年以上の取引実績は必要となります。
ただ、半年以上の取引実績が必要だからといって、ほとんど取引していない状況では、それは実績とは言えません。
銀行が見ているのは、お金を借りて、そのお金を確実に返済しているかどうかです。
利用していないのであれば、確実な返済が出来る人かの判断が出来ないため、増額申請をしても信用度が高まっていない状態ではまず増額をしてもらえません。
カードローンをよく利用し、その返済を確実におこなっていってこそ信用を高めることが出来ます。

 

 

4-3. 増額申請をする

しっかりとした利用実績を積み重ねることが出来れば、増額申請をします。
ただ、この増額申請をするときには注意をする必要があります。
増額申請をするということは、初めに申し込んだときと同じように、審査を受けるということです。
他の銀行を利用してカードローンを新たに利用しているといった場合には、そのカードローンの利用実績も審査対象になります。
新たに審査を受けるということは、今の現状をすべて審査されるということを理解しておく必要があります。
増額申請をする銀行で延滞などがなくても、他の銀行のカードローンで延滞をしている場合には、まず増額してもらえないと考えておく必要もあります。

 

 

4-4. 限度額増額審査

増額申請をして、審査で問題がなければ限度額を増額してもらえます。
この限度額増額審査を受けることはリスクがあることも知っておく必要があります。
利用限度額というのは、銀行の信用度によって限度額が決められるため、信用が低下している状態で審査を受けても、限度額が減額されることもあります。
増額申請をする場合には、今の限度額が保証されているわけではありません。
今の信用がどの程度をあるかを新たに審査をするということです。
この申請をするときには、以前の審査よりも信用が増していると確信できるときに申し込みをすることが大切です。

5. 目的別ローンの限度額

ローンといっても色々なタイプがあります。
カードローンのように、使い道が自由なローンもあれば、住宅ローンや自動車ローンのように、使い道が決められているローンもあります。
また、それぞれのローンによって、限度額も変わってきます。
住宅ローンとなると、数千万円や億といった単位となり、多くのお金が借りられるローンであることがわかります。
専業主婦の仕事では、多くの人が家計を任されているのではないでしょうか。
そんな専業主婦が、どのようなローンが存在し、どのように活用するのかを知っておくことで、様々なピンチを乗り切ったり、豊かな生活を送るために活用することが出来ます。

 

 

5-1. 借り換えローンやおまとめローン

カードローンを利用していて、便利さからつい借り過ぎてしまい、返済が難しくなってしまうことも起こるかもしれません。
こんな時に役立つローンが借り換えローンやおまとめローンです。
これらのローンは、複数の金融機関からの借金を一つにまとめるというものです。
一つにまとめてどんなメリットがあるのかと思う人もいるかもしれませんが、このローンには大きなメリットがあります。
一社にまとめることにより、返済を毎月一回で済ませることが出来ます。
また、一社にまとめたことで、借入額が大きくなり金利が低く設定をしてもらえるといったメリットもあります。
このローンでの限度額は、複数の借金をまとめた総額となります。

 

 

5-2. リフォームローンや教育ローン

自宅が古くなってくれば、雨漏りをするようになることもありますし、家族が増えることにより、増築したいと思うこともあります。
このようなときに利用するのがリフォームローンです。
リフォームといっても数十万で済むようなケースもあれば、数千万も必要となるリフォームもあります。
このリフォームでの限度額では、申し込み者の返済能力が大きく影響します。
また、子供が大きくなり、大学に進学するときには入学金でまとまったお金が必要にもなりますし、大学費用にも大きなお金が必要になります。
この時に便利なのが教育ローンです。
教育ローンでは、各金融機関によって限度額が決められています。
最も多い限度額が500万円となっています。

 

 

5-3. 目的ローンは収入のある主婦のみ申込みが可能

目的ローンを利用することにより、生活が豊かになったり、子供の夢をかなえてあげることにもつながります。
しかし、この目的ローンは仕事をしていない専業主婦では利
用することは出来ません。
目的ローンはカードローンとは違い、限度額も高い設定となるため、収入のない人では専業主婦でも利用することはまずできないと考えておく必要があります。
仕事をしている主婦なら申し込みをすることは可能で、目的ローンを利用する場合には、自分が仕事をするか、夫に相談をして、夫に申し込みをしてもらう必要があります。
目的ローンでは金額も大きくなることから、夫婦でしっかりと話し合いをすることが大切です。