専業主婦 カードローン 在籍確認

1. 配偶者に内緒でカードローンで借りる方法はある!

家計を任されている専業主婦にとって、家計のピンチは夫に内緒で解消したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
家計のことではなくても、自分のことによってお金が必要になると、夫には心配をかけたくないという理由で、夫に内緒でカードローンを利用したいという人もいます。
専業主婦がカードローンを利用する場合には、夫の収入が頼りになるため、夫に内緒で利用できないのではないかと心配になる人もいるのではないでしょうか。
しかし、配偶者貸付といっても、銀行での利用なら夫に内緒で利用することは可能です。
ここでは、夫に内緒で借りる方法について紹介したいと思います。

 

 

1-1. 借入枠が小額なので収入証明書が必要ない

どこの金融機関でも借入額が高額になれば、収入証明書が必要となります。
配偶者貸付を利用するためだからといって、夫の収入証明書を無断で利用するのは抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。
しかし、専業主婦が利用できる限度額は30〜50万円までと少額になるため、収入証明書を求められることもほとんどありません。
絶対に収入証明書が必要ないとは言い切れないのですが、ほとんど銀行で本人確認書類だけで申し込みをすることは可能です。
自分の本人確認書類だけで利用できるので、気軽に申し込みをすることが出来るのではないでしょうか。

 

 

1-2. 夫や夫の勤務先に在籍確認の連絡が行かない

専業主婦がカードローンを利用するときに気になるのが、夫への連絡ではないでしょうか。
配偶者貸付を利用するということもあり、この心配をしている人が多くいます。
しかし、基本的にカードローンの申し込みでは、申込者本人に連絡があります。
仕事をしていない専業主婦の場合には、通常している在籍確認もなしに融資をしている銀行もあります。
仮に、夫への勤務先に在籍確認の連絡が入ったとしても、妻がカードローンの申し込みをしたといった事実が伝えられることもありません。
どうしても不安という人は、事前に金融機関に在籍確認をされると困ることを伝えておくと安心です。

2. 消費者金融で借りるのは多少難しい

一般的にお金を借りやすいと言われているのが消費者金融ですが、専業主婦に限っては、銀行の方が借りやすいと考えられます。
消費者金融では、通常収入のない人には融資はしていません。
これは専業主婦でも同じです。
専業主婦でも利用できる消費者金融はあるのですが、色々な書類を揃える必要もありますし、何より配偶者の同意書が必要になることから、夫に内緒で借りることは出来ません。
夫の同意を得るのなら、夫に必要なお金を借りてもらった方が確実です。
そのため、専業主婦の人が消費者金融でお金を借りるメリットは少ないと考えられます。

 

 

2-1. 消費者金融では総量規制が設けられている

銀行では専業主婦でもお金を借りられるのに、消費者金融ではなぜダメなのかと思う人もいるかもしれませんが、これは消費者金融のような貸金業者に適用されている総量規制が関係しています。
この総量規制では、年収の3分の1までの融資しかしてはいけないと定められています。
そのため、収入のない人には融資は出来ないことになっています。
これは申込本人が対象となるため、収入のない専業主婦は基本的には貸金業者では融資は受けられないことになります。
ただ、この総量規制には例外が設けられ、配偶者の同意が得られるのなら、配偶者の年収の3分の1まで借りられるのですが、大手消費者金融では、この配偶者貸付を採用していないのが現状です。

3. 内緒で借りたい時には総量規制対象外の業者か銀行を

消費者金融でも、配偶者貸付を利用してカードローンが利用できるのですが、この配偶者貸付が利用できる消費者金融がほとんどないのが現状となっています。
しかし、これは消費者金融のような貸金業者に限った話であり、銀行は総量規制対象外なので、専業主婦でも問題なくカードローンが利用できることになります。
消費者金融と思っていた金融機関でも、実は銀行だったというケースもあります。
例えば、レイクと聞くと多くの人が消費者金融と思っているのではないでしょうか。
しかし、レイクは新生銀行に吸収合併したこともあり、総量規制の対象外です。

 

 

3-1. 配偶者の同意書を提出する必要がない

総量規制の対象外であることでのメリットが、配偶者の同意書が必要ないという点です。
消費者金融でも、配偶者貸付が利用できるところもあるのですが、この配偶者貸付では配偶者の同意書を提出することが条件となっています。
これでは夫に内緒でお金を借りることは出来ません。
しかし、総量規制の対象外の金融機関では、このような条件は設けられていないため、配偶者の同意書がなくてもカードローンを利用することが出来ます。
夫に内緒でお金を借りたいと考えている人は、この総量規制の対象外である金融機関を利用することが必要です。

4. 夫に内緒で借りる方法

夫に内緒でカードローンを利用するためには、まず総量規制の対象外である金融機関を利用することが条件となるのですが、これだけでは不十分です。
夫にバレてしまう可能性があるものは他にもあります。
例えば、利用している金融機関から郵便物が届き、その郵便物を夫に見られてしまってはバレる可能性があります。
また金融機関から本人確認のために連絡が入り、その電話に夫が出たことで怪しまれる心配もあります。
このように、どのようなことで夫に知られるかわからないため、夫に内緒でカードローンを利用したいという人は、細心の注意を払って利用することが必要になります。

 

 

4-1. ネットから申し込み

夫に内緒でカードローンを利用したいと考えている人は、近所の人の目にも注意を払う必要があります。
夫と仲の良い人に申し込みをしているところを見られてしまうと、夫に話される心配があります。
そのため、申し込みではネットを利用することをおすすめします。
ネットなら自宅から申し込みをすることが出来ますし、近所の人に見られる心配はありません。
ただ、ネットでの申し込みの際には、履歴には注意が必要です。
夫と共有のパソコンを利用している場合には、ネットの利用履歴を見られてしまうと、申し込みをしたことがバレる心配があります。

 

 

4-2. 申込時の連絡先を携帯電話を記入しておく

専業主婦が申し込みをすれば、必ず本人確認の連絡があります。
この連絡に夫が出てしまうとバレてしまう可能性があることから、申し込みをするときには、必ず携帯電話の番号を記入しておく必要があります。
自宅の連絡先を記入していても、携帯電話の番号も記入しておけば、通常携帯電話を優先して連絡をしてくれます。
どうしても自宅に連絡されたくないといった場合には、携帯電話の番号だけを記入します。
ただ、審査では固定電話が利用できるのかも重要視されることから、自宅の連絡先は記入しておいた方が審査には通りやすいと考えられます。

 

 

4-3. 自動契約機で契約とカード受取

夫に知られる可能性が高いものの一つが郵便物です。
いつも家にいるからと郵便物は心配ないと思っている人もいるかもしれませんが、忙しいときに郵便物のチェックを忘れて、夫に見られてしまう可能性があります。
そのため、出来るだけカードローンを利用している金融機関からの郵便物は避けたいものです。
カードの受け取りでは、自動契約機が利用できる金融機関なら、自動契約機で受け取ることをおすすめします。
自動契約機で受け取るのなら、契約書やカードが自宅に送られてくる心配もありません。
夫に内緒にしたいという人の場合では、自動契約機が利用できる金融機関に申し込むことも大切です。

 

 

4-4. 発行されたカードを使ってATMで引き出す

借入の時には、ATMを利用することをおすすめします。
自分の口座に振り込んでもらうことも出来るのですが、口座に振り込みをすると、通帳などを確認することにより、お金を借りていることがバレてしまう心配があります。
どこの金融機関も多くの提携ATMが利用でき、コンビニATMなら24時間利用することが出来ます。
ATMでは人に見られてしまうのではないかと思う人もいるかもしれませんが、ATMを利用しているからといって、カードローンを利用していると思われることはないと考えられます。
近所の人から見られたとしても、ただお金をおろしているだけにしか見えないので、人目も気にせず借り入れをすることが出来ます。