カードローン デメリット

1. 利息の支払いが必要

カードローンを利用した時には、借入をしたお金だけを返済すればいいというわけではありません。
借りたお金を返済するときには、お金を借りたことで発生するレンタル料を支払う必要があるということを忘れてはいけません。
このレンタル料が利息です。
毎月の返済時には、この利息を支払っていく必要もあります。
カードローンは、金利が低いと言われている銀行でもかなり高い金利設定となっています。
住宅ローンなら、毎月の利息はほんの数パーセントとなっているのですが、カードローンでは銀行で14%程度、消費者金融なら18%もの利息を支払う必要があります。

2. 信用情報に借入状況が掲載される

カードローンに申し込みをしたり、カードローンを利用した時には、どこの金融機関を利用したとしても、必ず信用情報機関に記録されることになります。
この信用情報機関の記録は、今後の借り入れにも大きな影響を及ぼすことを忘れてはいけません。
カードローンを利用して延滞などをしてしまい、信用情報に悪い情報が記録されることにより、住宅ローンや教育ローンなど今後利用するであろうローンの審査に悪い影響を与えることになってしまいます。
このようなことがないように、カードローンの利用では確実に返済を続けることが必要です。
ただ、確実な返済を続けたことにより、金融機関の信用を高める利用実績となり、今後のローンに良い影響を与えることも出来ます。

3. 審査の可否が配偶者次第!

専業主婦のカードローンの利用では、配偶者貸付を利用することもあり、配偶者の状況が審査の可否を決めるといっても過言ではありません。
消費者金融で専業主婦が借り入れをする場合には、配偶者の同意書が必要になります。
この同意書では、配偶者の信用情報を調べることに許可することも盛り込まれています。
そのため、配偶者の信用情報によっては、審査に通らないということも起こります。
配偶者がすでに、複数社の金融機関から借り入れがあったり、過去に延滞などをしているといった情報が信用情報機関に記録をされていると、審査に通るのは難しいと考えられます。

4. 専業主婦キャッシングは借入先が限られる!

金融機関でお金を借りるためには、通常安定した収入が必要になります。
お金を借りるのだから、確実に返済できる収入があることは当然の条件といえます。
専業主婦は配偶者に安定した収入があることで、カードローンが利用できるというものです。
申込者本人に収入がないことで、金融機関としては本当に返済できるのかと不安もあります。
そのため、専業主婦が利用できる金融機関は限定的となります。
この専業主婦キャッシングでは、借入先が限られることもデメリットです。
カードローンを利用したいと考えた時には、まず利用できる金融機関を探す必要があります。

 

 

4-1. 銀行カードローンしか実質的に借入先が無い

消費者金融からの借入が難しいとなれば、利用できる金融機関が銀行に限られてきます。
この借入先が限定されるのが、専業主婦がカードローンを利用する上でのデメリットとも言えます。
その銀行の中でも、専業主婦が利用できるところと出来ないところもあり、さらに利用できるところが限られてきます。
さらには、その銀行の中でも即日融資が利用しやすいところもあれば、口座を持っていない人は即日融資が利用できないところもあり、ただでさえ借入先が限定されるうえに、利用できるサービスも金融機関によって違うとなると、金融機関選びが難しいのが大きなデメリットです。
ただ、カードローンが利用できるようになれば、すぐにお金の問題を解決することができ、デメリット以上のメリットも得られます。

 

 

4-2. 専業主婦だと消費者金融ではお金を借りられない

消費者金融には総量規制があることから、専業主婦では利用しにくい金融機関となっています。
この総量規制には例外が設けられ、配偶者貸付を利用できる消費者金融なら専業主婦でも利用できるのですが、このような消費者金融はほとんどないのが現状です。
また、数少ない配偶者貸付が利用できる消費者金融を利用することにしても、配偶者の同意書も必要となることから、夫に内緒でカードローンを利用することが出来ないのもデメリットと言えます。
ちょっとしたお金を借りるために多くの人が消費者金融を利用しているのですが、専業主婦の場合には、この便利な消費者金融は利用できないと考えておくことが大切です。

5. 融資上限額を低く設定されてしまう

専業主婦がカードローンを利用する場合でのデメリットに、融資限度額が低く設定されることも挙げられます。
消費者金融の配偶者貸付が利用できる場合には、配偶者の年収の3分の1までの借り入れが出来るため、年収次第で多くの金額を借りられる可能性があるのですが、基本的には専業主婦の場合、銀行を利用することになるため、どうしても少額の借り入れしかできません。
多くのお金を借りたいという人にはどうしてもこれがデメリットと感じてしまいます。
しかし、仕事をしていない専業主婦の場合、自分の収入で返済することが出来ず、家計を預かっているということもあり、多くの借り入れをすることは得策とは言えません。

 

 

5-1. パート収入のある主婦よりも限度額が低く抑えられてしまう

専業主婦の限度額は、パートをしている主婦よりも低い限度額になってしまいます。
パート収入といっても、金融機関は安定した収入があり、返済能力もあるといった人なら喜んでお金を貸してくれます。
消費者金融でも安定した収入がある人には、年収の3分の1までの借り入れが可能となります。
年収が180万円という主婦なら、消費者金融でも60万円までなら借り入れ可能となり、専業主婦の方の中にはうらやましいと感じる人もいるのではないでしょうか。
仕事をしていないのだから仕方ないのですが、収入がある主婦なら自分の力で大きなお金を借りることができ、自分の力でお金を借りられない専業主婦の場合には利用できる限度額も低く抑えられてしまいます。

6. 気軽に借りられてしまうこともデメリット

カードローンが利用出来れば、専業主婦にとって強い味方となってくれます。
親戚や友人の冠婚葬祭が重なったり、子供の習い事によって急な出費が必要になり、生活費が足りないといったことも起こるかもしれません。
そんな時でも、ローンカードを持っていれば、この緊急時もすぐに解決することが出来ます。
この便利さから、欲しいものがあったときなどに利用するという人もいます。
しかし、気軽に利用したことにより、返済が難しくなってしまうこともあり、この利用しやすさが専業主婦にとって大きなデメリットとなることもあります。
カードローンを利用するときには十分に注意をして利用する必要があります。

 

 

6-1. 借金に頼る生活をしてしまう

ローンカードを持っていれば、近所の24時間営業のコンビニでも借り入れをすることが出来ますし、インターネットを利用すれば、自宅から振込融資を利用することも出来ます。
この手軽さから、すぐにカードローンを利用するという人も多くいます。
カードローンを持っていると、利用できる限度額分が自分のお金のように感じてしまいます。
そのため、少しでも困ればカードローンを利用するといった生活になってしまい、借金をしなければ生活が出来ないような状況になってしまうこともあります。
このカードローンはあくまでも緊急時に利用するものと考えておく必要があります。

 

 

6-2. いつまでたっても完済できない場合も

カードローンに頼った生活をしていると、いくらか返済をして、利用できる枠が出来ると、またお金を借りるといったことを繰り返すことになります。
こんなことを繰り返していては、いつまでたっても完済することが出来ません。
完済が出来ないということは、いつまでも利息を支払い続けるということです。
専業主婦が利用できるカードローンでは高い金利を設定されます。
その金利で求められた利息をいつまでも支払い続けるのは、家計を預かる専業主婦には、無駄な出費をいつまでも続けていると感じるのではないでしょうか。
賢い専業主婦は、必要なときだけ利用して、必要ない時には緊急時に備えてローンカードを保管しています。